HOME > 会社概要 > 代表者挨拶

代表者挨拶

お客様が潜在的に求めているものは何なのか?どのような技術提案がお客様の心に響くのか?
 
当社は明治34年に藤倉善八翁の意を受け継いだ末弟の松本留吉が、初代社長として事業を立ち上げて以来、115年という長い年月を経て、更に未来に羽ばたこうとしております。

今日、ここまでに至ることができたのは、ひとえにお客様のご愛顧のおかげと大変感謝いたしております。 当社はその長い歴史の中で培ってきた適応能力を今後も十分に生かし、更なる100年に向けてその歴史の歩みを推し進めようとしています。更に新しいシーズを探し、新しいニーズに対応すべく、既存のゴム製品にとらわれず、新市場に製品を送り込むことで、広がりを持った未来を創造して行こうと考えています。
長い歴史は先人たちの労苦の歴史でもありましたが、それはまた社会の潮流を敏に捉えて対応してきたかれらの取り組みの積み重ねでありました。
彼らが地道な努力と研鑽をくりかえし、顧客のニーズに応えてゆく姿は長い歴史の中で培った当社の経営の礎となっております。

当社は100周年に導入した藤倉コンポジットというコーポレートブランドネームを新たに押しひろげ、その存在価値を明瞭にし、近い将来、更に大きな存在となるよう努力してまいります。
ちなみにコンポジットとは複合化という意味を表しておりまして、ゴムだけにとらわれない製品分野を意味しております。 

  159.jpg
当社はお客様とお互いの情報を共有し、お互いの価値観を高めあいながら品質の良い、利便性の高い商品を市場に継続して供給することで、CSR(企業の社会的責任)を果たしていきたいと考えています。  当社の経営理念のキーワードは、技術、創造、いきいきコミュニケーションであります。
当社のすべての技術力を駆使して作り得た製品を通して、生活の向上を更に促進してゆくことができれば幸いです。無から有へ、有から更に新しい有へと創造の連鎖を広げ、新しい考え方や新しい製品をお客様と共に作ってゆきたいと考えています。そしてこうした企業精神を堅持し、社内や客先との相互のいきいきとした積極的なコミュニケーションを通して情報の伝達や相互理解を深め、大いに人々の安心を支え、社会の豊かさに貢献していきたいと思います。

このホームページにより当社の取り組みをごらん頂き、よりご理解を深めていただきますようお願い申し上げます。
 
藤倉ゴム工業株式会社
代表取締役社長
name.jpg